フリーランスで活動する屋号を決める。

スポンサーリンク

フリーランスとして働き始めるには税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書」を提出することになります。

この「個人事業の開業・廃業等届出書」の項目を読むと、住所、氏名、生年月日、電話番号などの項目の中に、「屋号」とい項目があります。

屋号・・・と身構えてしまいそうなところですが、これからフリーランスとしてどう名乗りたいかを決める、ということだけです。

どんな屋号をつけるべきか?

基本的には何でもOKです。もちろん、「いやな感じがしない」、「悪趣味じゃない」など、基本的なルールを守ることは前提として、です。さらに、好まれる屋号は、「読める」、「発音できる」、「覚えやすい」、「特徴がある」・・・というあたりでしょうか。人の名前と一緒ですね。

なんでも良いと言いましたが、もしあなたがデザイン制作を個人でやろうとしていて、HPからの問い合せで仕事を受注するような営業スタイルを考えている場合、「山田太郎」よりも、「山田デザインワークス」のような屋号のほうが、一目でデザイン会社だと認識されますし、仕事を発注しやすいですし、信頼感があります。

じぶんが誰に対してどう名乗るのがベストか?一度考えてみましょう。

あとは、屋号を名乗ると、「どんな意味があるんですか?」と良く聞かれます。出来れば意味がある名前の方が話のネタになって良いですよね。あなたのフリーランスとしての特徴にもなります。

スポンサーリンク

具体的にどんな屋号があるか

会社名と一緒と考えていただければ大丈夫です。

業務内容がそのまま屋号になる→「ヤマダ企画」、「ヤマダデザインオフィス」、「マキ・クリエイティブ」

名前がそのまま屋号になる→「山田太郎」、「山田太郎事務所」

その他造語など→「アシアト」、「mountainda」

個人名だけでやっていく場合は、屋号「山田太郎」というように自分の名前をそのまま屋号にしてしまってもかまいません。そういう人も多いです。

ただ、前述したように「ヤマダ企画」や、「ヤマダデザインオフィス」などの会社らしい名前が屋号になっているほうが、取引相手からみると信頼できることは確かです。

こんな屋号はつけてはいけない

・有名な会社と同じ屋号

「トヨタ自動車」なんて屋号につけるひとはいないと思いますし、そもそも有名どころは商標をきちんと抑えているはずなのでつけれないと思いますが、これはもちろんNGです。

有名どころでなくても、webで検索をして、できるだけかぶらないように気をつけましょう。現在あるもの、ないところ含めて、まったくかぶらないというのは難しいですが。

スポンサーリンク
カテゴリー: 開業準備 タグ: , , , , , , , パーマリンク