フリーランスとして活動するなら専用の口座をつくろう。

スポンサーリンク

フリーランスになるとやってしまいがちなのが、フリーランス用の入金先、原価の支払い元、生活費、家賃など、すべて一つの口座で管理してしまうこと。

法人は自分の給料が経費になるので、会社の口座から個人の口座へお金を入れるという行為が発生しますが、フリーランス・個人事業主の場合は、事業所得がそのまま自分のお金となり、経費にもなりませんので、売り上げのお金をそのまま生活費として使ってしまいがちになるわけです。

それでは確定申告をする時にも、どれがフリーランスとしての経費だっけ・・とわからなくなってしまいますので、「フリーランス用口座」と「個人口座」はきっちり分けましょう。

口座は特別なものではなく、個人名の口座で大丈夫です。ただ、入金したときに、「山田良子」と個人名ではなく、企業登録時に決めた屋号「YAMADA企画」と表示させたい・・・という方もいるかと思います。その際は以下のように作りましょう。

屋号名義の口座を開設する場合

個人事業主として開業する際に決めた、「屋号」を口座名義にする方法です。

・ゆうちょ銀行

ゆうちょのHPを見てみると、「法人格を有さない個人事業主の方は、屋号を別名として登録した振替口座を開設いただけます。別名のみを表記することも可能です。」と書かれています。

現在「屋号」のみを口座名義に出来るのは「ゆうちょ銀行」くらいしかありません。入金をした際などに、例えば「山田太郎」ではなく「山田企画」と表示さる、ということです。
口座をあけるのはあくまで個人名義、別名で屋号、表示は屋号なので、新しく口座を開設する際には、「新規口座を開設したい。別名で屋号を登録し、屋号名のみを表示するようにしたい」とちゃんと伝えましょう。本記事の最後にある屋号を証明できる書類を忘れずに持っていってください。

スポンサーリンク

「屋号」+「個人名」名義の口座を開設する場合

屋号+個人での口座名であれば、以下の銀行で開設することが可能です。

・三菱東京UFJ銀行
・ジャパンネット銀行 
・楽天銀行 (旧ebank) 
・新生銀行
・住信SBI銀行

やり方は各銀行によりますので、確認してみましょう。上記と同じになりますが、口座をあけるのはあくまで個人名義、別名で屋号、表示は屋号なので、新しく口座を開設する際には、「新規口座を開設したい。別名で屋号を登録し、屋号名のみを表示するようにしたい」とちゃんと伝えましょう。本記事の最後にある屋号を証明できる書類を忘れずに持っていってください。

個人事業主・フリーランスが「屋号」で銀行口座開設する際に必要なもの

「屋号」のみ、もしくは、「屋号+個人名」で銀行口座を開設する際に必要なものです。

・印鑑
・本人確認できるもの(運転免許証、パスポート、住民票の写しなど)
・屋号が確認できるもの(国税または地方税の領収書または納税証明書の原本、社会保険料の領収書の原本、商業登記簿謄本の原本、公共料金の領収書の原本、税務署収受印付の確定申告書の原本など

どのようにフリーランスとして営業していくかによりますが、ネットから見れたほうが確定申告なんかは断然便利です。各銀行のメリットを見てどこで開設するか決めましょう。

スポンサーリンク
カテゴリー: 開業準備 タグ: , , , , , , , , パーマリンク