フリーランスとしてスタートを切るための必要備品一覧

スポンサーリンク

今まで会社員だった人は、会社にいけばPCがあり、名刺があり、机とイスがありました。

しかし、フリーランスとして開業するのであれば、それなりの準備が必要です。まったくの手ぶらで仕事を出来ればそれでも良いのですが、そういったわけにもいかないはず。ということで、フリーランスとして何の備品を準備したらよいかまとめてみました。

名刺

会社員からフリーランスになっても変わらずに必要なのが名刺。今まで会社で作ってもらっていたものを、自分で作らないといけません。

自分でデザインをしても良いですし、デザイナーに発注しても良いでしょう。キンコーズなどの出力センターに持ち込めば1日で刷り上りますし、そこまで大変なことではありません。

ただし、フリーランスで活動をする以上、その中身は自分で考えなければいけませんので、自分が活動をするためにどんな名刺であれば良いのか一度考えて見ましょう。

名刺の参考、名刺を作るうえでのポイントはこちらをご覧ください。→フリーランスの名刺に載せるべきこと

スポンサーリンク

印鑑

請求書や見積書を渡す際に必要なのが「印鑑」。

会社員であった際は請求書に社版を押して・・というのが当たり前でしたが、フリーランスとして活動をする場合は、請求書に個人の認印や実印を押せばOKです。

ただし、会社によっては、「社版」があることが当たり前というスタンスの会社が多くあります。

これは法的に必要なものではないのですが、会社的に必要ということになっている・・というだけ。

もしあなたが「屋号」を登録しているのなら、屋号の入った角印をつくると良いでしょう。ゴム印で3,000円くらいで作れます。法人の印鑑と違って登録も必要ありません。

もし屋号がなければ、フリーランスなので社版がない旨を伝えましょう。ないものはないのですし、法的に必要なものではありませんので、相手に理解を得るしかありません。

PC・通信環境

どんな職業かにもよりますが、たいていの場合、PCとインターネットへアクセスできる手段は必要です。

ケータイは持っているかと思いますので、それだけあれば済んでしまうことも多いでしょうが、見積もりを作るって送るなどの基本的な仕事はやはりPCがないと無理ですよね。手書というわけにもいきませんし。

フリーランスで身軽に動きたいのであれば、デスクトップよりもノートPCのほうが良いでしょう。Pocket WiFiでも良いですが、今はiPhoneやアンドロイドでもテザリングが出来ますので、(他のコンピューター等をインターネットに接続させること)いくつも機器を持つよりは、iPhoneなど【テザリングできるスマートフォンとPC1台】というのが、一番スマートな気がします。もしくはデザイナーなどデスクトップでないとやりにくい場合は、【デスクトップPC+テザリングできるスマートフォン+タブレット】でしょうか。

何かと必要なのではないかとおもって、スマートフォン、デスクトップPC、ノートパソコン、タブレット、ポケットワイファイ等色々持ち歩いている方もいますが、話を聞くと、こんなに必要なかったよ・・というのが本音のようです。

スポンサーリンク
カテゴリー: 開業準備 タグ: , , , , , , , , パーマリンク