フリーランスにホームページは必要か-ホームページの種類

スポンサーリンク

おそらく何かしらの技術やネットワークがあるからそれを活かして個人で開業しようというのが皆さんのお考えだと思います。もしくは会社を首になったし就職先もないから個人でやるという人もいるでしょうか。

開業準備段階ではいろいろなものを作成していかなければならないのですが、多くの方が悩まれているのが、ホームページを作成するかどうかです。

すこしでもヒントになればと思いますので今まで相談に乗ってきた方たちを例にポイントを説明してみたいと思います。

ホームページにもいくつか種類がある

スポンサーリンク

ホームページにもいくつか種類があります。どういったホームページかによって必要かどうかも変わってくると思います。まずはこれを考えてみましょう。

・立派な概要説明サイト(50ページくらい)

フリーランスをやられる場合はおそらくこのパターンは不要でしょう。ポートフォリオとして利用する場合は良いと思いますが、仕事に対する理念やあなたの沿革、所在地や内容の伴わないメソッドなどをつらつらと書いていても魅力を感じてもらう事は皆無でしょう。
そもそも大企業様のそれですらちゃんと見る人なんて少ないのですから…。実際に大手自動車メーカーの理念を言える外部の人なんていないでしょ!?

・更新性の高いブログのようなもの

あなたの仕事を覗く事が出来るようなサイトです。今日はどこで何をした、誰と打ち合わせをしたなどを公開していくことでファンを獲得していくためのものです。このケースは既存客を狙うのか、新規客を狙うのかも明確にしておきましょう。新規客をネットから獲得するという場合は綿密にSEOなりサイトのデザイン、コンテンツに力を入れないといけないからです。
そして、そこからとれたお客さんはまず低単価であるという事は今までの経験からお伝えしておきます。

・ペラ1サイト

何もないのが嫌だという人はペラ1のサイトでも作ると良いでしょう。メンテナンスの必要はないですし、あなたに連絡を取りたいという人へは最低限の情報を出せるはずです。

フリーランスの方がホームページから受注をするというのは既存マーケットにおいてはかなり大変な事です。どういったホームページが正解という事はないですが、ホームページからお客さんを獲得するという事を考える場合はかなりの労力がかかるという事は知っておいた方が良いでしょう。

また、どんなホームページを作るにしても、ドメイン・サーバーというものが必要になってきます。良くあるのが知り合いにお願いしたり、格安でやってくれる会社にお願いするというものですが、後に管理やカスタマイズをご自身でやられるという事になる可能性がある方はムームードメイン・ロリポップというサービスを利用すると良いでしょう。

素人にも分かりやすくできています。むしろ他が分かりにくくできているんですけどね。

スポンサーリンク
カテゴリー: 開業準備 タグ: , , パーマリンク