有給休暇の消化を一味違く使いこなす[退職奥義]

スポンサーリンク

free3

退職→有給全消化!ざまあみろ。とやっている人が大変に多いのです。これからあなたが飛び込んでいく世界は「信用」が大切なのですからそれはやってはいけない事ですよ。

信用について理解していないひとはこちらのページをどうぞ。

関連ページ:退職ゴールデンタイムの歩き方

では、「有給の賢い使い方」を伝授します。

スポンサーリンク

・まとめてとらない

これは残された人の業務に支障が出る可能性があるからです。金曜日と月曜日に有給を入れて4連休を沢山作る人がいます。休みたいのであればそれでも良いのですが、何か業務においてあなたしか分からない事が発生した時に会社に迷惑がかかるのは理解できますよね。

会社を辞めるけど、これからも適切にお付き合いしていきたいという意思表示が必要です。

・全部使わない

会社のルールですべて使わないといけないのであれば仕方がないのですが、無理して全部使わない事です。有給の価値はあなたの日給分ですが、会社に行くことで信用という未来お金を作ることができます。固定概念を捨てましょう。

・半休ずつ使う

これも会社が許せばの話ですが、午前中だけ出勤しましょう。生活のリズムを崩すことなく、午後はフリーランスとしての準備時間に充てることができます。残業が当たり前の会社においてはさらにお得感がありますね。

・連絡先を明確に

すこしずつ会社のネットワークを独立後のものへ移行する必要があります。最後の退職のあいさつメールには記載すると思いますが、独立後の個人メールアドレスを上司や同僚に公開して有給時も気にせずに連絡をして良いと伝えておきましょう。業務で困った時には有難がられますし、退職後も連絡が取りやすくなります。

以上4点をうまくできると良いと思います。有給をお得に使うように解説しましたが、基本的なスタンスは信用を構築する時間であるという事です。

大切になってくるのはあなたの人としてのマナーではないでしょうか。

スポンサーリンク
カテゴリー: 退職 タグ: , , , , , パーマリンク