「フリーランス」を始めたら、まず開業届けを提出する。

スポンサーリンク

フリーランスとして仕事を始める場合、「個人で仕事を始めます」という届けをしなければいけません。

そのために必要な書類2つあります。

①個人事業開廃業届書

スポンサーリンク

税務署に対して「個人事業を始めます」と申告する書類です。1枚の簡単な書類なので安心してください。

■どこでもらえるか?:税務署に行くと貰えます。
もしくはこちらからダウンロードしてください。→個人事業開廃業届書を取得する

■提出期限:開業して1ヶ月以内

■提出先:税務署

②事業開始申告書(個人事業税の申告)

税務署だけでなく、市区町村の役場に対して「個人事業を始めます」を申告する書類です。

■どこでもらえるか?:税務署、市役所の市民税課。
もしくはこちらからダウンロードしてください。→事業開始申告書(個人事業税の申告)を取得する
※申請書は市区町村によって違うので所管の市区町村役場に問い合わせましょう。

■提出期限:開業して15日以内

■提出先:税務署と市区町村の役場(東京23区の場合は税務署だけでOKです!)

※所得(売上-経費)が290万円を超えないと事業税が発生しないので、事業開始申告書申告書は出さずに事業開始する場合が実際多いそうです。これは、確定申告をした段階で自動的に通知がいくので問題ありません。

 

———————–

書類も枚数も項目もそんなに多くないですよね。これなら簡単に出せそうです。書き方や提出方法でわからないことは、税務署に聞くのが早いです。丁寧に教えてもらえますので存分に活用しましょう。

スポンサーリンク
カテゴリー: 未分類 タグ: , , , , パーマリンク