青色申告のメリット1.最高65万円の特別控除

スポンサーリンク

確定申告の青色と白色をどちらにするか決めかねている方へ、青色申告の最大のメリットである「最高65万円の特別控除」の説明をします。

とはいえ、青色を薦めているわけではありません。私は白色で十分だったので白色にしています。どちらが自分に合っているかよく吟味しましょう。

青色申告のメリット1.最高65万円の特別控除

青色申告に必須なのが、複式簿記による帳簿書類、もしくは簡易帳簿。前者の複式簿記を選べば、65万円の所得税の控除を受けることができます。簡易簿記の場合は10万円になるので注意です。

スポンサーリンク

具体的に控除されると税金がどれくらいさがるか見てみよう。


年間の収入(売上)が300万円です。原価や接待交際費、通信費など合わせて必要経費が年間100万円かかりました。
・・・つまり300万円-100万円=200万円が事業所得です。

次に事業所得から控除を引きます。
基礎控除38万円(全員引くことができる控除です。)、国民年金保険税15万円、健康保険料5万円、生命保険料6万円(全て仮の金額です。)
全部で控除が64万円です。

事業所得200万円-控除64万円=136万円です。

ここに所得税5%(195万円以下は5%)をかけると、68,000円が税金となります。

・・・が!ここで特別控除65万円があれば、控除が64万円+65万円で129万円になるのです。

事業所得200万円-控除129万円=71万円です。

ここに所得税5%をかけると、35,500円が税金となります。

差額は32,500円。青色申告者のほうがお得になる、というわけです。もちろん、所得が大きいほどこの差は開きます。

この控除額と、書類をつくる手間のどちらを取るかが、白色申告か青色申告を決める一因となります。

スポンサーリンク
カテゴリー: 開業準備 タグ: , , , , , , , , パーマリンク